HOME » 失敗しない記念写真の撮られ方 » 記念写真で差をつける!美しく写る立ち位置と立ち方のコツ

記念写真で差をつける!美しく写る立ち位置と立ち方のコツ

せっかく撮影した記念写真。

できあがった写真を見たら、写真うつりが悪くてガッカリ……なんてこともありますよね。

ここでは、美しく写るための立ち位置や立ち方をご紹介します。ちょっとしたコツで記念写真も、もう安心。

FacebookやインスタグラムなどのSNSにもどんどん応用してみましょう。

表情にこだわりたいときは上から狙え!

全身写真でも表情にこだわりたいときと、全身バランスをよく見せたいときは撮り方を使い分けます。表情をはっきりさせたい、魅力的に見せたいときは上から撮影して撮ると、写真を見たときに顔に視線が集まります。全身が写りながら、表情をはっきりさせたい、というときは上からのカメラアングルを実践してみましょう。

スタイル美人は下から狙え!

一方、表情よりもスタイルをよく見せたい!というときは、人物のやや下からカメラで撮影するとスタイルのバランス効果が抜群になります。ポイントはあくまでもやや下から撮ることで、欲張ってあまり下から撮りすぎないようにしてくださいね。さらに、身体をカメラの正面に向けて写るのではなく、カメラに向かって身体を斜めにするとよりスタイルアップの効果で演出できます。

このように、表情と全身バランスのどちらにこだわりたいかで撮り方を変えてみましょう!SNSにアップする場合は、写真を見比べてみて、気に入ったほうを投稿してもよいですね!

集合写真は斜めをキープ!

お友達や家族、職場や学校で写る集合写真。立ち位置によって写り方も大きく変わってきます。美しく写るために覚えておきたいのが、「斜め」に立つ、ということ。カメラの正面に向かって写ると身体が平面的に見えてしまい、スタイルが悪く見えてしまいます。

そこで実践したいのは、カメラに向かって身体をやや斜めに立つこと。このことで身体が実際よりもスリムに見え、スタイルもよく見えます。さらに細く見せたいときはカメラより遠く、ほかの人よりも奥に立ち位置をキープするとよいでしょう。

集合写真でしゃがむ場合は?

集合写真でしゃがんで写る場合も上記の「斜め」効果を生かしましょう!カメラに向かってやや斜めに身体を向け、背筋を伸ばしながら腰を落とすとスタイルもほっそりと見えます。また、手を足の上にのせて軽く組めば、しゃがんでいながら上品なスタイルに。

足をクロスでスタイルアップ!

全身で写真を撮るときの基本姿勢はカメラに向かって身体を斜めに立つのはスタイルをよく見せるポイントです。理想的なのはカメラに向かって斜め45°の立ち方です。そのほかに、脚を前後にクロスするのもぜひ覚えておきたいところ。このとき、背筋を伸ばし、前方のつま先をカメラの前に向けるとさらに細く見えます。

気になる二の腕は離してほっそり

特に夏服やぴったりとした服を着ているときに気になるのが、二の腕。写真を見たら、たくましい二の腕がバッチリと写っていた……なんてこともよくありますよね。意外と目立つ二の腕は身体から離して写るのがポイントです。

恥ずかしいからと身体にぴったり付けて写ると、二の腕が広がって太く見えてしまいます。奥の腕は見えないようにカメラの斜めに身体を構え、身体から腕を離して立つとスリム効果がありますよ。

隠れテクニックは肩にある

カメラに向かって姿勢をよく、斜め45°の角度で立つ、というポイントを述べましたが、隠れテクニックは「肩」を下げること。カメラ側を下げると首が長く見えるという嬉しい効果が。また、表情も柔らかく見えるため、オススメですよ。ちょっとした立ち位置と立ち方で、美しく写ることができるコツの数々。

ぜひ記念写真を撮影するときは実践してみてくださいね。集合写真でも実践して、ほかの人に差をつけてしまいましょう!

素敵な記念写真が撮れるスタジオ3選