HOME » 失敗しない記念写真の撮られ方

失敗しない記念写真の撮られ方

写真を撮ったとき、「目をつぶってしまった」「気が抜けていて変な顔になっていた」「いつも鏡で見ている自分の顔よりも写真のほうが見た目がよくない」といった感想を抱いたことのある人も多いでしょう。

どうして写真撮影になると失敗してしまうのか?

その答えは「上手に写真を撮ってもらうための方法」を知らないからです。ちょっとしたポーズや写真撮影に関する知識を知っているかどうかが、写真の仕上がりを大きく左右します。

このページでは、「失敗しない記念写真の撮られ方」に必要な知識をまとめています。上手な撮られ方の知識は、記念写真以外の場面でも役立つので、ぜひ参考にしてください。

家族写真をキレイに撮ることができるポーズのとり方

家族写真を撮るときは、「全体の構図」を考えましょう。

お見合い用の写真や子どもの誕生記念といった写真ならともかく、カメラマンの言うことにただ従って写真を撮るだけでは家族写真としての面白みやオリジナリティがありません。

とくに小さな子どもがいる場合は、いかに子どもがぐずらないように楽しく記念撮影するかも考えたほうがよいです。

家族で記念写真を撮るときに、見栄えもよくて一番手軽にできるのが「全員でポーズをとること」です。撮られ方に一つテーマを決めるだけで、写真の出来栄えは一気によくなります。好きなポーズや子どもが喜ぶポーズを決めておけば、そのポーズが家族にとっての思い出にもなるのです。

家族の記念写真で人気のポーズは、「仲良く横並び」や「元気いっぱいにジャンプ」など、さまざまなものがあります。人気のポーズを5つご紹介します。


>>後悔しない!家族との記念写真でとりたい人気のポーズ5選 

記念写真をいつもの2倍素敵にするための豆知識

基本的に、写真は後から手直しができません。

多少スタイルを整えたり、シミを消したり、目を大きくしたりすることはできますが、安易に修正に頼ってしまうと余計なお金がかかってしまいます。

できるなら、お金をかけずに素のままで素敵な写真を残したい。そんなときに使えるのが、写真を撮るときに手の位置やポーズを工夫することです。

一生残る記念写真。きれいに写るには、手の位置を意識したり、パーやグーの形にしたりすると小顔効果などがあっておすすめです。ここでは写真にきれいに写るコツをご紹介します。

写真を撮る人どうしの関係性やシーンごとにおすすめのポーズもまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。 

>>通常の2倍きれいに写るコツ!記念撮影は手の位置を意識!

ポイントはカメラに対する向きと位置!写真写りを美しくするコツ

カメラ写りの良し悪しは、かなりの部分を技術が占めています。

プロのモデルや芸能人は、「カメラに対してどういうふうに自分を見せると一番きれいに見えるのか」をよく知っているからこそ、写真写りが良いのです。

ただ、プロ並のテクニックを学ぶ機会なんてそうそうありません。美しく撮ってもらうための技術は色々ありますが、すぐにできるのはカメラに対する立ち位置と立ち方を意識することです。

ずっと大切にとっておきたい記念写真。写真を見たら、写りが悪くてガッカリ……なんてことも。ここでは美しく写る立ち位置と立ち方をご紹介します。

>>カメラマンも教えない!美しく写る記念写真の立ち位置と立ち方

魅力的な記念撮影づくりを助けてくれる便利な小道具4種類

スタジオ撮影の魅力は、普段とは違った思い切ったアイデアで写真撮影ができることです。

せっかくプロに記念写真を撮ってもらうなら、プロのメイク、特別な衣装だけでなく小道具にもこだわりましょう。

ちょっとした便利アイテムを一つ使うだけで、写真に躍動感や特別感を出すことができます。

それに、スタジオで記念写真を撮る際に、手持ち無沙汰になってしまうとなんだか違和感のある写真になってしまうもの。

こちらでは、自然体で楽しそうな記念写真を撮るために「あると便利なアイテム」をご紹介します。

>>スタジオで記念写真を撮る前に用意しておきたい便利アイテム4選

スタジオから飛び出して外ロケ撮影するときにおすすめのスタジオ

プロポーズした場所や結婚式場、素敵な雰囲気のチャペル、アンティーク風のおしゃれな小道など、スタジオの外は素敵なロケーションでいっぱいです。

プロに撮影を頼むなら、スタジオではなくロケーション撮影を頼むのもおすすめ。

お気に入りの場所や美しい景観の中で撮る写真は格別です。

ここでは、東京でロケーション撮影に対応しているおすすめのスタジオ3ヶ所と、一般的な外ロケ撮影の流れ、費用の相場についてご紹介します。

>>ロケーション撮影で素敵な記念写真!東京のおすすめスタジオ3選

素敵な記念写真が撮れるスタジオ3選