マタニティ

ここでは、フォトスタジオでマタニティフォトを撮影する際に知っておくと役立つ情報を集めてまとめています。

タイミングが大事!美しいマタニティフォトのコツを教えます

赤ちゃんを迎えるまで10ヶ月間に及ぶマタニティライフは、人生の中では、ほんのわずかな貴重な時間。

マタニティフォトは海外では専門のフォトグラファーがいるほど親しまれていることから、最近では日本でも撮影する人が増えてきています。スタジオによって撮影方法は異なりますが、中にはキュートなマタニティ専用の衣装を無料で貸し出しているところもあります。

撮影時の演出として、大きなお腹にペインティングを施したり、装飾を付けたりアイデア次第で色々な写真を撮ることが出来ます。ママとパパの今しかない幸せな姿を形にすることで、生まれてくる子どもへの「愛情の証」として残しておいてはいかがでしょうか。

マタニティフォトをスタジオで撮影するメリットとは

  • 一生のうちで限られた期間しかない姿を残せる
  • これから生まれてくる子どもへのプレゼント
  • より神秘的な写真となるように小物やポージングなどで演出してくれる
  • セルフ撮影では出来ないオシャレな妊婦写真が撮影可能

撮影のベストタイミングはいつ?

個人差はありますが、一般的には安定期に入って無理なく外出が出来るようになり、お腹が目立ちはじめた8~9ヵ月辺りがベスト。

臨月に突入してしまうと、万が一のことがあった際に対応できないことが多いため、プレママさんの体調を最優先に撮影時期を見極めて欲しいと思います。

マタニティフォトの費用相場

このサイトで紹介しているスタジオの平均値は、スタジオ撮影の場合では約30,000~50,000円程度となっています。

マタニティフォトに対応しているスタジオは子ども向けのところが多いので、身体への負担が少なく済むように近場でゆっくりと撮影出来る環境が整っているスタジオを選ぶようにしましょう。

これがおすすめ!マタニティフォトの用途

  • 子どもが少し大きくなった時に見せる
  • 子どもの成長記録の1ページとして
  • 最初の家族写真として
素敵な記念写真が撮れるスタジオ3選