七五三

ここでは、フォトスタジオで七五三の写真を撮影する際に知っておくと役立つ情報を集めてまとめています。

素敵な七五三写真に欠かせない撮影ポイントを伝授

七五三は子どもの穏やかな成長を感謝しつつ、健康で幸せなこれからの日々をお参りする行事です。

写真スタジオでは、撮影だけでなくお参り当日の衣装レンタルやヘアメイク、着付けも行ってくれるため、最も利用されることが多いイベントと言えます。

様々なフォトスタジオが力を入れている行事であり、早くから前撮りキャンペーンを行うなど、スタジオによってこの時期の対応はさまざま。

せっかくの機会だからと、「家族みんなで着物を着て写真撮影する」という人も多いようですよ。

七五三の写真をスタジオで撮影するメリットとは

  • 家族全員が着物姿で撮影することが可能
  • ヘアメイクから着付け撮影まで一貫して対応してくれる
  • 前撮りすることでお参り当日のリハーサルが出来る
  • 七五三当日の着物もレンタル出来る
  • 複数の衣装を楽しむことが出来る
  • 子どもへの負担が少ない

撮影のベストタイミングはいつ?

近年、七五三のお参り自体は11月15日という日取りにこだわらず、10月中旬~11月下旬にかけて家族の都合に合わせた形で行われています。

撮影のピークとなるのも、やはり10~11月となっており、この時期が最も撮影料金が高く、着用出来る着物の種類も少なくなっています。

そこで時期をずらして撮影するのがポイント!5~6月に行う前撮りか11月下旬~1月に行う後撮りを早めの段階で予約しておきましょう。

七五三写真の費用相場

このサイトで紹介しているスタジオの平均値は、スタジオ撮影の場合では約50,000~150,000円程度となっています。

最近では前撮りだけでなく、スタジオによっては七五三が過ぎたころから行う「後撮り」というお得なプランもあるので、早生まれのお子様や体調を崩してしまって撮影のタイミングを逃してしまった人におすすめ!

前撮り同様、撮影料金が安くなったり嬉しいサービスが特典として付いてくるので、気になるスタジオがあったらチェックしてみてくださいね。

これがおすすめ!七五三写真の用途

  • 年賀状
  • 子どもの成長アルバム
  • お祝いのお返しに写真を添える
  • おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼント

東京で七五三のお参りに行く神社はどうやって選べばいい?記念撮影のおすすめスタジオも紹介

お宮参りが終わってからのイベントといえば、我が子の七五三。ただ、「赤ちゃんではなくなったから」といって、手のかかる年齢をすぎたわけではありません。走り回ったりするようになるため、シャッターチャンスを逃してしまうこともありますよね。

子どもが迷子にならないように手をつないでおかなければ……。歩き疲れて抱っこをせがまれる。そんな状況に対応しなければなりません。選ぶ基準は人それぞれなので、どこでお参りしても構いませんが、お参りする神社や記念撮影のスタジオは、前もって決めておいたほうが気持ちも楽になります。

神社に近いスタジオを選べば、記念撮影も簡単にできる

明治神宮の近くにあるSTUDIO250

画像引用元:STUDIO250公式HP(http://www.one-likephoto.net/)

明治神宮と同じ渋谷区内にあるSTUDIO250では、七五三の対応として、通常の営業時間外でも撮影してもらえます。時間外料金は必要になりますが、小さな子どもを連れてのお参りなので、家庭の都合によって調整してもらうことが可能でしょう。

フルレンタルプランで申し込めば、ヘアメイクや着付け、着物レンタル、六ツ切写真3枚と三面アルバム台紙、データCD-Rを受け取ることができます。当日に慌ただしくならないように、七五三の前撮り撮影も受け付けてもらえます。 途中で子どもの機嫌が悪くなると、ゆっくりお参りもできません。

せっかくの記念に写真を撮影したくても、泣き顔ばかりになってしまう可能性もあります。お参りをスムーズに済ませるためにも、神社とスタジオは距離が近いところを選ぶとよいですね。

大鳥神社に近いpindot studio

 

画像引用元:pindot studio公式HP(http://www.pindotstudio.com/)

大鳥神社と同じ目黒区内にあるpindot studioは、大正ロマンスタイルの衣装で撮影してもらえます。コンセプトとしてレトロモダンが取り入れられているため、スタジオにもアンティーク調の家具が置かれています。

もちろん持ち込みの衣装でも問題ありません。フォーマルなドレスもレンタルできるため、いろいろな表情の記念写真を残しておけます。メイクルームには家族も同伴できるので、緊張しているようなら気持ちを和ませてあげてください。足袋だけを持参すれば、あとはすべてレンタルできます。

七五三のお参りついでに足を運べるスタジオ

素戔雄神社(すさのおじんじゃ)から立ち寄れるstudio-AMBER

画像引用元:studio-AMBER公式HP(http://www.studio-amber.com/)

studio-AMBERの七五三撮影では、着物と洋服でそれぞれにソロショットを撮り、それにプラスした家族写真が基本のセットとなっています。着付けやヘアメイクなどはオプションで、スタイリストは外注となっているため、日本髪や新日本髪には対応していません。有料レンタルであれば、それぞれの年齢に合わせた多くの着物が用意されています。

3歳の女の子 350点以上
3歳の男の子 120点以上
5歳の子ども 480点以上
7歳の子ども 300点以上
お母さんの訪問着 500点
お父さんの袴 300点以上

撮影日の3週間前までの予約で、レンタルした衣装で外出してお参りすることができます。お母さんの着付けやヘアメイク、お父さんのヘアセットにも対応しているため、子どもと一緒に晴れの日をお祝いしてください。スタジオでの撮影のみに使える無料レンタルもあるため、写真撮影だけであればこちらを利用できます。

駒繋神社へ行くならen-studioがおススメ

画像引用元:en-studio公式HP(http://en-studio.jp/)

en-studioは、フォトグラファーとしても知られている本房哲治さんがオーナーのスタジオです。完全予約制を取り入れているため、長い時間待たされることはありません。他のお客さんを気にしなくても済むので、のびのびと撮影できます。 ベーシックプランの中には、撮影料金、撮影データ80枚や小物の貸し出し、画像補正や背景の選択、ティータイムなどがすべて含まれています。

撮影終了後はデータ処理に40分程度かかるため、その間にスライドショーで当日撮影した写真を鑑賞することもできます。 上の子の晴れ舞台ではあっても、下の子が気になって撮影どころではなくなったら意味がありません。

en-studioには簡易な授乳スペースやオムツ交換台、ウォーターサーバーなどもあるので、赤ちゃん連れに人気があります。

素敵な記念写真が撮れるスタジオ3選